栄院:TEL.052-261-1200 mozo院:TEL.052-506-0222

実績豊富/がん免疫治療(ANK・複合免疫療法)/超高濃度ビタミンC点滴/効果的ながん治療/全身管理に精通した医師常勤/割引制度あり/名駅徒歩1分大名古屋ビルヂング東すぐとなり/栄から徒歩1分三越ラシック正面(ビル内Pあり)/西区mozoワンダーシティー(立体駐車場徒歩30秒)

がんとたたかう

経口では摂取できない高濃度の
ビタミン点滴で、免疫力を増強

超高濃度ビタミンC点滴

超高濃度ビタミンC点滴療法とは?

当院ではDr.リオルダン・プロトコルにもとづき、点滴療法研究会の会員および認定医である院長が治療を行います。

超高濃度(50g以上)のビタミンC投与では、抗がん作用があることが科学的に実証されています。
超高濃度ビタミンC点滴療法は、今や全米で1万人の医師が実践するがん治療として認知されています。
適応は以下となります。進行度や部位には関係なく、あらゆるがん治療に効果を発揮します。

  1. がん治療中の方(手術、抗がん剤、放射線療法、リンパ免疫療法など)
  2. 外科手術日までの待機期間中の方
  3. 手術後の再発予防的投与をご希望の方
  4. 病状のため、手術や、他の治療法を受けることが出来ない方

当クリニックでは、患者様が今受けられている標準的ながん治療以外にも、さらに一歩踏み込んだ積極的ながん治療として、副作用のない「超高濃度ビタミンC点滴療法」を提供しています。

超高濃度ビタミンC点滴療法の特徴

超高濃度ビタミンC点滴療法は、通常の抗がん剤とは大きく異なり、副作用がないことが最大の特徴です。化学療法や放射線療法、外科的手術、リンパ免疫療法など、一般的に医療機関で施される抗がん治療との併用が可能です。
また、化学療法による副作用を抑える効果もあり、体力、免疫力増進にも抜群の効果があります。
超高濃度ビタミンC点滴療法は、米国ではすでに乳がん、肺がん、前立腺がん、直腸がん、悪性リンパ腫、大腸がん、膵臓がん、膀胱がん、腎がん、子宮がん、卵巣がんなどへの治療効果が報告されています。

超高濃度ビタミンC療法は、もともとライナス・ポーリング博士(ノーベル賞受賞)やエイブラム・ホッファー博士などによる研究開発から始まりました。

「静脈内投与による高濃度ビタミンCは、がん細胞に対して抗がん作用を持つ」

という、ビタミンCの抗がん作用を科学的に実証した論文が発表されています。
その後、長年にわたる研究が重ねられ、ポーリング博士の弟子や考えを支持していた研究者達(アメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI), 食品薬品局(FDA)の科学者達)が2005年に「ビタミンCは選択的にがん細胞を殺す」という研究論文を米国科学アカデミー紀要に発表しました。
「米国科学アカデミー紀要」は、投稿にはアカデミー会員の推薦を必要とし、「サイエンス」誌、「ネイチャー」誌、と並び称せられる権威ある科学総合雑誌です。
http://www.pnas.org/cgi/content/full/102/38/13604(英語)
その後も、多数、高濃度ビタミンC療法を裏付ける論文が発表されています。

高濃度ビタミンCがなぜ抗がん作用を持つのか?

糖代謝が旺盛なガン細胞は、糖(グルコース)と類似したビタミンCを積極的に取り込みます。その後、がん細胞の中で毒性のある過酸化水素を大量に発生させます。 しかし、がん細胞には過酸化水素を消去する酵素のカタラーゼが乏しいので、発生した過酸化水素ががん細胞を死滅させます。
さらに、ビタミンCは正常細胞を活性化し、悪影響を与えないばかりか、副作用がないために他の抗がん治療と併用することも可能というメリットがあります。

高濃度(20~30g)のビタミンCを静脈から直接体内に注入することで、抗ウィルス作用やがんの予防効果、全身の若返り効果、更に超高濃度(60g以上) のビタミンC投与では抗がん作用があるということが、これまでのノーベル賞学者達による度重なる研究で判明しています。

治療の流れ

初回はカウンセリング、採血検査(一般採血、ビタミンC血中濃度、G6PDチェック)も併せて行って頂きます。2回目以降は、適宜、高濃度ビタミンCの血中濃度を確認しながら、至適有効血中濃度に達するまでビタミンC量をアップしていきます。(75~100g)

安定してからは、約月1回のビタミンC血中濃度採血を行います。

ご注意

点滴中は、ビタミンCの浸透圧により口が乾くこともございますが、毎回ミネラルウォーターをボトルでご提供しておりますので、ご安心ください。

必ず朝食、あるいは十分な水分を摂ってご来院ください。

腎透析をされている方は、ビタミンC点滴を行うことができません。

Dr.リオルダン・プロトコルに従い、高濃度サプリメントでビタミンC濃度を一定に保つことが大切です。(当院では点滴療法研究会推奨の高濃度ビタミンC患者様専用サプリメントをご用意致しております。)

治療費は医療費控除の対象となります。領収書は医療費控除の手続きに必要となりますので、大切に保管しておいて下さい。

写真
柳澤 厚生
点滴療法研究会会長
国際統合医療教育センター所長
元杏林大学教授

本
『ビタミンCがガン細胞を殺す』
柳澤 厚生 著
>>ご購入はこちら

このページの先頭へ